「えがおのパネル」贈呈式

昨年9月、これまでも被災地に寄り添い続けているイラストレーター・小池アミイゴさんと令和2年7月豪雨の被災地6市町村を廻った、自分の笑顔の似顔絵を描くワークショップ!「みんなの応援村」の77億人えがおプロジェクトの一環として取り組みました。

今回、熊本県内のコロナの新規感染者も落ち着き、「みんなの応援村」実行委員の小山薫堂さん、松任谷正隆さん(音楽プロデューサー)、中井美穂さん(アナウンサー)、そして、応援団の松任谷由実さん(シンガーソングライター)からのメッセージも届いたことを受け、仮設住宅の集会所「みんなの家」に展示していただくパネルを作成し、仮設団地の住民が一番多い、球磨村渡地区仮設団地で贈呈式を行いました!
改めて確認したことですが、令和2年7月豪雨では、熊本県内に20か所以上の仮設団地が出来ており、まだまだ手付かずの場所もあるようです。

パネルの制作も小池アミイゴさんが担当。素敵なデザインに仕上がりました。

贈呈式には、くまモンも駆けつけてくれて、実際にワークショップに参加してくれた渡保育園の子どもたちと一緒に、住民代表の方に贈呈。早速、「みんなの家」に掲げていただきました。

贈呈式が終わったあとは、「芸術の都ACTくま100」のみなさんによるミニコンサート。くま100のみなさんも、平成28年熊本地震発災直後より、芸術活動による被災者の支援を続けてこられています。
事務局もつとめる柴田敏子さんの歌は、人吉ゆかりの犬童球渓が作詞した「旅愁」「いのちの歌」。藤田勇人さんによるアコーディオンの演奏も素敵でした。

今回は、球磨村の4つの仮設団地の「みんなの家」への贈呈でしたが、今月中には、人吉市、山江村、八代市、芦北町、津奈木町の仮設団地「みんなの家」にもポスターをお届けする予定です。

TASAKIチャリティープロジェクトMAGOKORO JAPAN

熊本地震直後から、毎年、「TASAKIチャリティープロジェクトMAGOKORO JAPAN」として、販売された対象商品の売上金額を寄付してくださっているTASAKIさんから、今年も想いを届けていただきました。

特別に製作したMAGOKORO JAPAN 2020 ブレスレット(本体価格19,000円)を、購入者ご自身に寄付先を選定いただく形で販売し、売上全額にあたる合計1,900,000円に中から、532,000円をご寄附いただきました。

 

「TASAKIチャリティープロジェクトMAGOKORO JAPAN」は、東日本大震災で被災された方々を支援する目的で2011年に発足し、2016年からは平成28年熊本地震からの復興を支援する活動も展開、また2019年には平成 30 年北海道胆振東部地震からの復興を支援する活動も実施されています。

複数のハートが寄り添うデザインで強い愛と絆を表現したジュエリーを毎年、特別に制作し、その売上の全額を、震災で被災された方々を支援する団体へ寄付されています。

息の長い支援を続けてくださるTASAKIさんに心より御礼申し上げます。

くまモン10TH

コロナ禍により延期になっていた「くまモン誕生祭」ですが、
12月上旬に熊本城ホールで収録し、下記のとおり配信されることになりました。
●配信日時     2020年12月26日(土)くまモンダンス部
                 2020年12月27日(日)familiarファッションショー
●配信メディア  くまモンTV(YouTubeチャンネル)
※くまモンダンス部
 公募で選ばれたオリジナル曲の初お披露目です。
 練習に際しましては、
 再春館バドミントン部の体育館を使用させていただきました。
   本当にありがとうございました。
 3年目になり、さらにスキルアップした子どもたちのダンスに注目してください。
※familiarファッションショー
 子どもたちが熊本の自然をモチーフにデザインしたデザイン画を
 familiarのデザイナー、パタンナーが1点もののお洋服に仕上げました。
 プロのスタイリストのアドバイスで小物をそろえ、
 プロのヘアメイクにアレンジをしてもらって、
 ウォーキング、ポージングのレッスンをして本番に挑みました。

77億人えがおプロジェクトin八代市(9月11日)

77億人えがおプロジェクト、最終日は八代市のわかあゆ保育園。
八代市といっても、被害が酷かった地域のひとつ、旧坂本村にあり、
園舎ごと流されてしまった保育園。

今は、園児数に余裕がある保育園に、
先生、園児も一緒に間借りをしています。

被災後、いつもと違う園舎に通いながらの生活ですが、
子どもたちは、みんな元気でした。

77億人えがおプロジェクトin山江村(9月8日)

山江村の山江保育園でのワークショップ。
くまモンも小池アミイゴさんもいない中でのお絵かきTimeでしたが、
みんな一生懸命、似顔絵を描いてくれました。

 

二つのクラスをいったりきたりしながら、
子どもたちともたくさんおしゃべりできました。

とにかく素直で、かわいらしい子どもたち。
みんなが描いた絵は、しっかりと預かってきました。

77億人えがおプロジェクトin芦北町(9月4日)

77億人えがおプロジェクトは、芦北町の淳光保育園。
この幼稚園は、コロナ禍の中、5月に新しい園舎での生活をスタートしたばかり。
2カ月も経たないうちに、7月豪雨で1階部分が浸水し、使用できなくなっていました。

1階部分が修理中だったため、
ちょっと窮屈そうでしたが、
2階部分で、1階の子どもたちも一緒に過ごしていました。


こどもたちは、クレヨン、そして、水彩絵の具をたっぷりつかってお絵かき。
小池アミイゴさんも絶好調で、楽しい時間を過ごしました。

 

ワークショップ終了後は、みんなで記念撮影。

77億人えがおプロジェクトin人吉(9月3日)

えがおプロジェクト3日目は、人吉市のせん月保育園。
人吉市内にありますが、途中の川にかかる橋が壊れていたため、
到着するのに、少し時間がかかってしまいました。

この日は、メディアクルーも数社きており、
NHKの番組の取材も入っていました。

 


今回も小池アミイゴさんのワークショップは、エネルギッシュ。
子どもたちも自由な手法、発想で似顔絵を描いていきました。

描き終わって、記念撮影が終わったあとには、
菓子組合のみなさんから、お菓子の贈呈もありました。


最後は、みんなで記念撮影。

77億人えがおプロジェクトin球磨村(9月2日)

77億人えがおプロジェクト×くまモン夢学校 2日目は、球磨村の渡保育園。
渡地区は、今回の豪雨で、最も被害大きかった地域のひとつ。
家が壊れてしまって、親戚の家や仮設住宅から通っている子どももいました。

ワークショップの講師として、
イラストレーターの小池アミイゴさんをお迎えしました。

小池アミイゴさんは、東日本大震災のときから、
アートの力で、被災地の子どもたちの寄り添い続けています。


小池アミイゴさんのワークショップは、とにかくエネルギッシュ。
子どもたちは、自由に、楽しみながら、似顔絵を描いていました。

似顔絵を描き終わったところで、くまモン登場!
今回は、くまモンも、自分の似顔絵を描いてきてくれました!

絵を描いたあとは、みんなで絵の見せあいっこ!
思いっきり絵を描いたあとは、さらに、とてもいい笑顔でした。

 

77億人えがおプロジェクトin津奈木町(9月1日)

「コロナと闘う応援村」で、小山薫堂さん、松任谷正隆さんが進めているプロジェクト。
「77億人えがおプロジェクト」をくまモン夢学校として開催することになりました。
「77億人えがおプロジェクト」本部では、NHKとのコラボで番組が制作される予定です。

「くまモン夢学校」としては、
令和2年7月豪雨の被害が大きかった6つの市町村の保育園の子どもたちに、
自分たちの笑顔の似顔絵を描いてもらい、
その絵をこれから建設される仮設住宅の集会所「みんなの家」に掲示する予定です。
仮設住宅で暮らす人たちを少しでも笑顔にできたら・・という想いで取り組んでいます。

まず最初にお伺いしたのは、津奈木町の津南保育園。
床上20cmほど浸水したという園舎は、少しづつ復旧作業が進められていました。

クレヨンでそれぞれの似顔絵を描いて、記念撮影をしているところに、
くまモンがサプライズで登場。

しばらくの間、くまモンとの楽しい時間を過ごすことができました。

 

令和2年7月豪雨に寄せて・・

令和2年7月豪雨は、人吉・球磨地域、芦北地域を中心に、熊本県内に大きな被害を残しました。

 

 

一般社団法人FOR KUMAMOTO PROJECTでは、

被災した事実は変わらないけど、被災したからこそ、夢を見つけることができた・・

という子どもを、一人でも多く育てられたら・・という想いで活動を続けてきましたが、

この度の「令和2年7月豪雨」発災を受け、被災地の子どもたちのために何ができるかを、

さらに考えながら、活動を続けていきます。

これまで以上に、「くまモン募金箱」への支援をよろしくお願いいたします。

[【FOR KUMAMOTO PROJECT】 くまモン募金箱]の画像

https://donation.yahoo.co.jp/detail/5062001/?fbclid=IwAR2sEWs9JjulJU0bnHN_MFv_bBqd40h7Ooa4KnyLShRCl59XDy2YqzclX5g