「THE STAGE」@福岡サンパレス

くまモンダンス部の指導を担当してくださったEXILEが所属するLDHのダンス教室=EXPGの発表会に出演。
プロを目指すダンサーの皆さんと同じステージに立つことができました。

 

もちろん、くまモンも一緒にステージに。

くまモン誕生祭で披露してくれた「Rising SUN」に加え、「Choo Chooo Train」でも、
キレッキレのダンスを魅せてくれました!


朝早く、熊本を出発したにもかかわらず・・みんな元気!
女子たちは、ヘアメイクも決まってました。

午前、午後2回のステージを終え、みんな笑顔です。
これからも、いろんな場所で踊っていけるといいなと思います。

総会&懇親会

8月7日は、小山薫堂代表理事も来熊し、「一般社団法人 FOR KUMAMOTO PROJECT」の総会&懇親パーティーを実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

総会では、平成29年度の事業である「くまモン記者団」「くまモンダンス部」等の活動を映像で紹介。
「くまモン記者団」が撮影した南阿蘇村の風景&メッセージもご覧いただくことができました。

そして、久しぶりに理事、監事、役員が集合し、今後の活動に向けての方針等も話し合いました。

 

 

 

 

 

 

 

終了後は、懇親パーティー。
平成29年度の事業でご尽力くださったみなさん、熊本県、熊本市のみなさんにもご参加いただき、
さらに、活動についてのアイデア、意見を交換しあうことができました。

また、来年、いい報告ができるよう、これからも頑張っていきます。

くまモン記者団ワークショップ

8月4日(土)は、南阿蘇村役場で「くまモン記者団ワークショップ」を開催しました。

新年度になって、みんな、学年が一つずつ上がり、中学生になったメンバーも。
中には、今後の活動が難しくなったという申し出もありましたが・・
今年度も活動を続けてくれるメンバーは、元気に集まってくれました!

 

 

 

 

 

 

 

これまでの投稿記事をみながら、改めて、写真にそえる文章、記事の書き方を、
フリーライターの三角由美子さんからアドバイス。

実際にフィールドに出かけて、写真撮影&記事を、みんなの前で発表。
後半は、動画制作にもチャレンジしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもならでは、柔らかい感性で撮影された写真、素直な文章、
今後、少しずつアップしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

くまモンダンス部 再集結!

「くまモン誕生祭」で、EXILEの黒木啓司さん、ネスミスさんと共演させていただいてから4か月。
お二人と一緒にダンスの指導をしてくださったEXPG STUDIOからお声がけいただき、

9月2日福岡サンパレスでイベント「THE STAGE」に出演させていただくことが決定しました。

 

久しぶりの再会で、みんなうれしそう♬

 

 

 

「くまモン誕生祭」のときも、ずっと一緒に見守ってくれたキャッツ先生の指導のもと、
「Rising Sun」だけではなく、EXILEの名曲「Choo Choo Train」もレッスン。
難しそうですが・・みんな楽しそうに踊っています。

 

本番まで、あと2回のレッスン。
当日は、みんなで福岡に遠征し、プロを目指すダンサーたちと一緒のステージに立ちます。

EXILEと同じステージに立つダンサーが、くまモンダンス部から登場する日も、そう遠くないかも。
この夏も、くまモンダンス部に注目してください!

くまモン&キネコ映画祭

子どもたちの心の復興を目指して・・平成28年熊本地震から2年目の日・・
子どものための映画を世界中から集めた「くまモン&キネコ映画祭」が開催されました。

キネコは、世界中を旅する映画が好きな黒猫。
今回は、くまモンもキネコダンスにチャレンジしました。

今回の目玉は、何といっても「声優体験ワークショップ」に参加した子どもたちによるライブシネマ。
ピーターラビットの映画に合わせて、見事に大人顔負けの演技を披露してくれました!

 

講師をつとめてくださった松本梨香さん(ポケモン・サトシ役)も、
このイベントのプロデューサーの女優の戸田恵子さん(アンパンマン)も、
子どもたちの演技を、とても評価してくださいました。
午前中は、小学生7名。
午後は、中学生7名がチャレンジしましたが、
この子どもたちの中から未来の声優が誕生するかもしれませんね。

この日は、南阿蘇村のくまモン記者団メンバーも、取材で参加。
戸田恵子さんの独占インタビューも実現しました。

記者団ワークショップが終了

いつもご支援頂きます皆さま、ありがとうございます。

無事、今年度最後のくまモン記者団のワークショップが終了しました。

中には、6年生の子どもたちも数名いますが、無事に卒業し、中学生になっても今まで勉強してきたことを生かし、記者団を続けることになりました。本当に頼もしい限りです。

今後も現在のメンバーのまま、子ども記者団は活動を続けていく予定です。

今回、Yahoo!様のご支援のもと、子ども記者たちに1人1台のスマートフォンを2ヶ月もの間、貸して頂けることになりました。

今まで学んできたことをもとに、南阿蘇村の日常の様子や『今』をよりリアルタイムで発信することができるようになります。本当にありがとうございます。

さて、熊本地震からもうすぐ2年を迎えます。

そんななか、子ども記者団たちが今何を感じているのか、テーマを絞って議論し、それぞれが考えたことを『書くこと』で表現しました。

その様子は、4月15日に熊本県立劇場コンサートホールで開催される『くまモン&キネコ映画祭』にて上映される予定です。

また、スマートフォンを手にするにあたり、子どもたちみんなで意見を出し合い、使う上でのルール決めをしました。

午後からは、『熊本の海カフェ山カフェ』の著者であり、フリーライターの三角由美子先生をお迎えし、一緒に外へ取材に出かけました。

子どもたちは、自分が選んだテーマに沿って気づいてことを写真や動画で記録していました。

三角先生からは、「誰のための記事なのが読んでくれる人をイメージして書いてみましょう。楽しんで書いてくださいね」と記事を書くときのアドバイスを頂きました。

その後、それぞれが取材してきたものを80〜140字までの記事にまとめるというワークショップに挑戦。

三角先生から丁寧なアドバイスを頂きながら、みんなの前で発表し合いました。

この数ヶ月の子ども記者団の活動で、子どもたちは何を感じてきたのでしょうか?

1人1人の想いを聞いてみると

「最初は、記事を書いたり、写真を撮ったりすることは難しいと思っていたけど、やってみたらとても楽しくなった」

「みんなの記事が楽しみです」

「本当は嫌々参加したけど、今は楽しくて参加して良かったと思う」

など、前向きな喜びの声が多く聞こえました。


確かに、子ども記者たちは、頼もしく成長しています。人前で話すことが苦手な子どもも少しずつ積極的になってきました。お互いの距離も回を重ねるごとに近くなってきました。もちろん、写真の撮り方もどんどん上手になってきています。
なかには、『夢はカメラマンです!』という子どももいます。

これからの子ども記者団の活躍がますます楽しみになりました。

全国の皆さま、ぜひお楽しみに!!
子ども記者たちが発信することを常時SNSでも発信していきます。

TwitterもInstagramもアカウントは、kodomokisyadan です。
どうぞ宜しくお願い致します。

いつも応援していただき、本当にありがとうございます。

くまモン誕生祭2018

2日間にわたり開催されたくまモン誕生祭。

昨日、3月11日は、東日本大震災の日でした。
みんなで黙祷を捧げました。

熊本県内の小中学生で結成された、くまモンダンス部は、2日間で4回のステージを見事にこなしました。

結成から3ヶ月間、EXILEの黒木啓司先生、そしてNESMITH先生の指導のもと、インストラクターの先生たちと一緒に一生懸命練習に励んできました。

ダンス歴7〜8年になるという中学2年の本山心優(みゆう)さんは、

「最初、サビの振付が難しくてできなかったけど、インストラクターの先生が分かりやすく教えてくれました。少ない練習だったけど、家でも練習して、本番はみんなで踊れてすごい楽しかったです!! 将来は、ダンサーになりたいです。親には反対されてるんですけど(笑)」

と語ってくれました。また、本山さんと同じダンス教室に通う平川陽花梨(ひかり)さんは、

「みんなとても仲良くなって、団結力が出てきて、とてもイイなぁと思いました。EXILEの2人の先生はテレビで観るよりカッコよくてオーラがあって憧れました」

と気づきをお話してくれました。

また、2日目のくまモン記者団として取材に駆け回っていた南阿蘇西小5年の藤林晄盛(こうせい)くんは

「みんな一生懸命練習したんだなぁと思いました。初めての取材は少し緊張しました」

と話してくれました。そして、白水小5年の本田望裕(みひろ)さんは、

「最初は慣れてなくて、みんなで固まって動いてギクシャクした喋り方だったけど、慣れてきたら質問とかもパッと浮かんだりしました。いろんなことを知れてとても面白かったです」

と、時間の経過と共に変化していった心境を語ってくれました。当プロジェクトの代表である小山薫堂さんは、

「この中から、新しい将来のプロダンサーが出てくるんじゃないかと思いました。それぐらい素敵で胸が熱くなりました」

と、感動の心境を話していました。

くまモンダンス部は、この2日間で終了となります。最後は、黒木啓司先生、NESMITH先生、そして小山薫堂さんの直筆サインが入った終了証を手渡しして頂きました。

熊本出身のNESMITH先生も「この機会で生まれた絆を大切にしていったもらえたらと思います」と子どもたちへの想いを話してくださいました。

このプロジェクトに携わってくださった皆さま、そして、応援してくださった皆さま本当にありがとうございました!!

くまモンダンス部の皆さん、またどこかで2人の先生と一緒に踊れる日が来るといいですね(o^^o)

くまモン記者団の皆さん、南阿蘇村へ戻ったら地域の発信もぜひよろしくお願いします(^O^)

最後に、いつも熊本を応援してくださる皆さま、心より御礼申し上げます。

ありがとうございます。

応援感謝!

くまモン誕生祭でのくまモンダンス部、そしてくまモン記者団を応援くださいました皆さま、本当にありがとうございました。

そして、日頃より、熊本へ想いをよせてくださる全国の皆さま、本当にありがとうございます。

今後とも、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

2日目の詳しい記事は、また随時ご案内致します。

本当にありがとうございました。