くまモン記者団@南阿蘇村 修了式

熊本地震5年目を過ぎた先日の日曜日。くまモン記者団@南阿蘇村の修了式を実施しました。

くまモン記者団は、平成28年熊本地震の翌年の秋に発足。南阿蘇村にある5つの小学校の四年生から六年生、約30名で結成しました。ジャーナリストの堀潤さんに「伝えること」のワークショップについて学び、移り行く南阿蘇村の自然の営み、季節の催しなどを発信してきました。
地震から5年目を迎え、まだまだ小さくて幼かった記者たちは、みんな等しく歳を重ね、中学二年生から高校生になりました。学校にカメラや端末を持っていくことが禁じられており、週末と何かと忙しい日々を送る子どもたちもなかなか投稿する機会が少なくなり、ひとり抜け、ふたり抜け、最終的には7名になっていました。また、その間、5つあった小学校も統廃合で3つになりました。そこに、コロナが追い打ちをかけたため、思うように活動することが難しくなったのです。さびしいですが、いったん解散することになりました。

修了式には、6名が参加。昨年は、一度だけZOOMミーティングをしましたが、記者たちとリアルに会うのは本当に久しぶり。みんな、すっかり大人っぽくなっていました。
これまでの活動記録をみながら、ひと通り思い出を振り返ったあと、それぞれ考えてきた最後の投稿。企画者である小山薫堂さんからの心温まるメッセージも届き、一人づつこれまでの感想とこれからの目標を発表。最後に、修了証を授与し、記念撮影をしました。
いったん解散はしますが、新しい旅立ち。これから大人になって、自分の端末を持つようになり、InstagramやTwitterに南阿蘇村のことを発信するときは、いつまでも、♯くまモン記者団 をタグ付けてほしいなと思います。
終了後は、この春にオープンした「マルデン」でランチ。もともとは崩落した阿蘇大橋の近くにありましたが、ちょっと離れた広大な場所に移転。くまモン記者団メンバーで最後まで仮設住宅に住んでいた夏音ちゃんの実家です。多感な時期、5年近くもの仮設住宅暮らしは大変だったと思います。「マルデン」は、赤うしのステーキ、ハンバーグとカレーがおいしいお店で、今後、デイキャンプやバーベキュー、アウトドア体験ができるスペースも出来ていくようです。
熊本地震直後からご縁のあった人々も、それぞれが新しい歩みをはじめています。
くまモン記者メンバーも、さらに新しい一歩を踏み出します。修了式は、メンバーの成長を実感した、感動的な時間でしたが、これからもみんなの成長を見守っていきたいと思います。今日、最後の投稿をしていますので、ぜひ、投稿をチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)