平成28年熊本地震から5年!

今日で、平成28年熊本地震から5年目となります。
一般社団法人FOR KUMAMOTO PROJECTでは、くまモン募金箱に寄せていただきました皆様の善意を熊本の子どもたちの「心の支援」となる活動に活用させていただいています。
改めまして、継続的なご支援をくださっている皆様方に、心より御礼申し上げます。

これまでの5年間に、「くまモン音楽祭」「くまモン&キネコ映画祭」「くまモン記者団」などのプロジェクト。そして、「くまモン夢学校」としては、香川真司(サッカー選手)、青二プロダクション(声優チーム)、小室哲哉(音楽プロデューサー)、小山進(パティシエ)、おりひめジャパン(ハンドボール)、堀潤(ジャーナリスト)、EXILE 黒木啓司(EXILE/EXILE SECOND)EXILE NESMITH(EXILE/EXILE SECOND)、松本梨香(声優)、大江千里(ジャズピアニスト)、佐渡裕(世界的マエストロ)など、たくさんの先生たちに、熊本の子どもたちのためにご尽力いただきました。

これからは、豪雨災害の子どもたちのためにも動いてまいります。これからも、一般社団法人FOR KUMAMOTO PROJECT、そして、「くまモン夢学校」をどうぞよろしくお願いいたします。

改めて、近年の活動についてご報告をさせていただきます。

【2020年の活動】
2020年は、ベビー・子ども服の老舗「familiar」のデザイナー、パタンナーの方々を講師にお迎えし、子どもたちが熊本の自然をモチーフにして描いたデザイン画をお洋服に仕上げていただき、モデルになってランウェイを歩きました。また、自分たちのお洋服の布を持ち寄って、10周年を迎えるくまモンにお洋服をプレゼントしました。

活動3年目となる「くまモンダンス部」は、オリジナル曲を公募。「LOVE LOVEくまモンhappy rap」に決定し、新たに振りもつけて、「くまモン誕生祭」配信イベントでお披露目をしました。
この楽曲は、2021年4月28日には、CD、DVDとして徳間ジャパンより発売されることになっており、カラオケ配信も予定されております。ミュージックビデオには、熊本を代表する写真家・宮井政次さんの写真を使わせていただき、熊本の映える風景もたくさん登場しますので、楽しみながら、多くの人に踊っていただければと思います。

それから、令和2年7月豪雨で被災した6市町村を回って、保育園の子どもたちを対象に、笑顔の似顔絵を描いていただくワークショップを実施。これは「みんなの応援村」が行っている「77億人えがおPROJECT」の取り組み。みんなの笑顔の絵は、イラストレーター小池アミイゴさんによってポスターとなり、仮設住宅の「みんなの家」に贈呈されました。

【2019年の活動】

2019年度は、子どもたちが将来の夢に出会える機会を作るという目的で、くまモン夢学校として、以下のプロジェクトを実施しました。

・世界的マエストロ佐渡裕さんを先生にお迎えし、「くまモン音楽祭」の中で、熊本県内の高校生たちを対象に公開クリニック。スーパーキッズオーケストラとのジョイントも実現しました。

・南阿蘇村の子どもたちで結成された「くまモン記者団」は地震から3年目を迎えるにあたり「くまもと元気ばい新聞」で、南阿蘇村の今を発信。くまモン自らも東京で配布するなど、約1万部を熊本県内外の方々へ届けました。

・熊本県内各地で開催された「2019女子ハンドボール世界選手権大会」にちなみ、小学生のハンドボールチームの練習場に女子ハンドボール日本代表「なでしこJAPAN」のメンバーがサプライズ訪問。日本代表の練習メニューを一緒に体験したあと、本気で対戦しました。また、設立して3年目になる「くまモンダンス部」も「2019女子ハンドボール世界選手権大会」のハーフタイムショーで踊ったり、エスコードキッズとして参加するなど活躍しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)