くまモン記者団 発足しました。

【くまモン夢学校を開催】
10月28日(土)、南阿蘇村でくまモン夢学校を開催しました。

今回は、

くまモン記者団発足!「伝える授業」

と称し、講師には、今、メディア界で大人気のジャーナリスト堀潤先生をお迎えしました。

参加した子どもたちは、南阿蘇村の4年生から6年生までの29名。今回、なんとこの子どもたちが『くまモン記者団』として任命されました!!!

くまモン団長から直々に任命証なども贈呈され、子どもたちは目をキラキラと輝かせていました。

午前中は、ジャーナリスト堀潤先生から
○個人が発信することとは何か
○発信するときに気をつけること
○真実と意見を分けて語るとは何か
○誰でも発信することができる時代だということ
○小さな主語で発信することの重要性
などを、子どもたちに分かりやすく、そしてスマートフォンを使いながらお話して頂きました。

子どもたちは、堀潤先生のお話を聞きながら、誰に言われることもなく、自ら鉛筆を握り、先生の言葉からポイントを書いていました。

 

南阿蘇村立両併小学校4年生の鈴木明道くんは、
「見えないものは何なのか考えるのが楽しかったです。午後の活動が楽しみになりました」
と、ハキハキと答えてくれました。

午後からは、各自スマートフォンを握りしめ、会場近くの自然にあるものを子どもたちの目線で思いのままに撮影するワークショップを実施。

 

堀潤先生に実際の『取材現場』でどんな風に撮影するといいのか等を教えて頂きました。

最後には、子ども記者1人1人が撮影した渾身の一枚をタイトルをつけて発表。

どの1枚も、他にない素敵な素敵な作品になっていました。

これから、くまモン記者団は、熊本の楽しいこと、素敵なこと、嬉しいこと、悲しいこと、色々な出来事や人、モノを発信していきます!!

 

皆さま、ぜひ応援よろしくお願いします。
どこかで腕章をつけて取材するくまモン記者団がいたら、優しく声かけをしてあげてください(^ ^)

最後に今回のくまモン夢学校でお世話になりましたジャーナリスト堀潤先生、ご協力してくださったyahoo!様、そして、全国から熊本のためにご寄付頂きました皆さまに心より御礼申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

文・写真 くまモン記者団デスク 川野まみ

#くまモン記者団

くまモン募金箱開設から1年が経ちました!

きょう、4月25日、「くまモン募金箱」は開設から1年を迎えました。
今日までに、Yahoo!募金を通じて41,721,084円の支援を寄せていただきました。
それだけでなく、「ふるさとくまもと応援寄付金」や、
ハートを抱えたくまモンを目印にした皆様の募金活動を通じても、
たくさんの気持ちを熊本に寄せていただいています。
改めまして、ご支援をいただきました皆様に御礼を申し上げます。
一般社団法人FOR KUMAMOTO PROJECTは、くまモン募金箱にお寄せいただいた支援を、
子どもたちのために活かしていくべく、これからも熊本の皆様と、くまモンと、
密に連携を取りながら活動して参ります。
これからもどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

くまモン音楽祭

平成28年熊本地震の本震から一年経った昨日、
熊本県立劇場で「くまモン音楽祭」が開催されました。

共催として、本年度1回目の「くまモン夢学校」を実施。
笑顔の授業として、コロッケさんを講師にお迎えしました。

笑顔があふれる、とてもあたたかい授業でした。
授業の詳しい内容は、近日中にアップいたします。

【MAGOKORO JAPAN 2017 for KUMAMOTO】

熊本地震から1年が経った4月14日、
TASAKIから、MAGOKORO JAPAN”for KUMAMOTO”ペンダントが発売されました。
ふたつのハートが寄り添いひとつになるデザインで、強い愛と絆を表現し、心を癒してくれるような優しい美しさに満ちたあこや真珠と、TASAKI独自の素材である淡いピンク色のSAKURAGOLDでSAKURAを表現したチャームが組み合わせてあります。

売上金額は、FOR KUMAMOTO PROJECTに寄附していただけることになりました。

本当にありがとうございます。

http://tasaki-shop.jp/shopdetail/000000001051/

#くまモンあのねの書籍化を支援いただいたみなさまへ

熊本地震で被災した人、それを心配する人たちが、
くまモンに寄せた声をたどる本『くまモンあのね』についてご報告です。

みなさまの想いが結実した書籍として完成させ、
震災の記録ではなく、震災をきっかけに前に進むための一助となれるよう
製作費の一部をみなさまにご支援いただくプロジェクトを進めてまいりました。

全国からあたたかいご支援をいただき、
合計で3,015,520円のご支援をいただきました。
多くのご支援、ありがとうございました。
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5112001/

良い書籍に仕上げることはもちろん、
熊本のみなさまの力強さ・やさしさ・明るさを伝えていけるよう
書籍の製作委員会一同、より一層、努力してまいります。

2017年4月6日(木)に幻冬舎より発売となります。
こちらのBlogでも適宜、進捗報告いたしますので
引き続きみなさまの応援を宜しくお願い申し上げます。

気仙沼からの想いが届きました。

東日本大震災支援のためにと、
渡辺謙さんがオーナーを務める気仙沼のコミュニティカフェ「K-port」より、
レジ脇の募金箱に集まったお金=16万円を寄附してくださいました。

気仙沼も、まだまだ大変な中、熊本に想いを寄せていただいたことに感謝しています。

「K-port」さんは、「くまモン座」の支配人でもあり、
上映会で、熊本の映像をご覧いただいておりました。

本当にありがとうございました。

http://www.k-port.org/

”くまモンあのね”が本になります。

熊本地震で被災した人たち・・そして、熊本を心配する人たちのつぶやきを集めた”くまモンあのね”。FOR KUMAMOTO PROJECTからスタートしました。

10ヵ月経ったいま、あのときのつぶやきのその後をくまモンが訪ねた様子など・・ちょっとだけ前に進んだ熊本を紹介してあります。

詳しくは、下記サイトへ。

日光金谷ホテル&中善寺金谷ホテルより寄附をいただきました

小山薫堂代表理事がアドバイザーを務める金谷ホテル様で、

熊本地震以降、ホテルのフロントにくまモン募金箱を配置いただいておりました。
この度、日光金谷・中禅寺金谷両ホテルあわせて、合計¥88,569 の寄付金をいただきました。

旅先で、熊本に想いを寄せてくださった皆さん、ホテルスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

http://www.kanayahotel.co.jp/nkh/

 

日光金谷ホテルの魅力

 

 

行定勲監督「うつくしいひと」

熊本出身の行定勲監督によるオール熊本ロケ映画「うつくしいひと」
チャリティー配信 GYAO!ストアでの売上全額(¥109,512)を寄附していただきました。

「うつくしいひと」は、熊本県出身の行定勲監督をはじめ熊本にゆかりのある俳優、著名人や、
県内市町村および地域活性化に取り組む人々などが連携し、地域資源を活かして熊本の素晴らしさを届ける映画を製作する「くまもと映画プロジェクト」による作品です。

熊本出身の俳優・橋本愛さんや高良健吾さん、政治学者の姜尚中さんらが出演する約40分の中編映画です。
本作はすべて熊本でロケが行われており、熊本城をはじめ、被災する前の美しい熊本を見ることができます。

GYAOは、昨年4月に熊本地震が発生したことを受けて、本作による収益で熊本の復興を支援したという思いに賛同し、本取り組みの実施に至ったそうです

http://www.kumamotoeiga.com/